TOPICSお知らせ

  1. TOP
  2. お知らせ
  3. ニュース
  4. リテールAI研究発表会:社外取締役/立本博文教授(筑波大)が登壇いたしました。

2020.06.02

リテールAI研究発表会:社外取締役/立本博文教授(筑波大)が登壇いたしました。

一般社団法人 リテールAI研究会様主催のリテールAI研究発表会に、弊社外取締役 立本教授(筑波大)が登壇されました。本発表会では、同会の会員企業によるパネルディスカッションなどを通して情報共有を行いました。立本教授の登壇セッションでは、Withコロナ及びAfterコロナの世界で生じる変化を中心に、下記の三点についてプレゼンされました。

 

①Withコロナの2年間で今後10年間の業態が決まっていく。スーパーマーケット、ECが隆盛し、百貨店・家電や家具店が厳しい状況となる。

②メーカーと小売が密に連携する必要がある。コロナの影響により、昨対データが使えずにトレンド等を追えず、地域ごと・カテゴリーごとで需要も変わってくるといえる。このため、効果的なマーケティング活動は、メーカーがリアルかつ詳細なデータの取れる小売と連携することの必要性が高まる。

③消費者心理・働く人の心理が変わる。密から疎を好むように遷移していく。

 

また、本発表会では多くの方が登壇されて興味深い話が幾つもありましたが、その中でも電通/大浦様が登壇されたセッションでは、慶応大学/安宅教授によって提唱されている「開疎」を引用しながら、密度を上げて成長していった時代の流れが変わり、リモートと非接触の時代になることを見据えて、アフターコロナでリアル店舗のあるべき姿をプレゼンされていました。当社の取組についても触れていただき、スマートショッピングカートは顧客体験の向上だけではなく、①店員と顧客の接触を最小化、②顧客の店内滞在時間の最小化、③顧客の消費額の増大による小売業の業績向上が実現できると解説頂きました。