COMPANY沿革

  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 沿革
1997年 7月 株式会社トライアルカンパニー(以下トライアル)のソフトウェア開発事業を目的として、株式会社ティー・アール・イー(以下ティー・アール・イー)を設立
1998年 4月 PC-POSパッケージ完成
2002年 4月 英 BGM-Retail 社と日本でERPパッケージ独占販売契約
2004年 8月 中国山東省烟台市に烟台创迹软件有限公司設立
2005年 8月 山東省青島市に支店設立
2006年 3月 日本電気株式会社(NEC)の受託開発終了
トライアルのシステム構築に集中
2011年 8月 従業員向けAndroid業務端末PACER開発
2011年 10月 米国シリコンバレーにティー・アール・イー USA開設
2012年 3月 電子棚札による自動棚札管理システムCyPlate開発
2012年 5月 データ分析基盤e3-SMART開発
2013年 5月 瀋陽创迹软件有限公司設立
2014年 5月 ティー・アール・イー USA閉鎖
2018年 2月 実店舗におけるスマートレジカート200台、リテールAIカメラ700台の稼働(トライアル アイランドシティ店)
2018年 11月 グループのIT/AI事業の統括を目的として株式会社Retail AIを設立
2018年 12月 夜間無人オペレーション実現(トライアル クイック大野城店)
2019年 3月 株式会社4U Applicationsと合弁会社Retail SHIFTを設立
e3-SMARTが日本データマネジメントコンソーシアム データ基盤賞受賞
2019年 4月 株式会社Retail AI Lab設立
株式交換によりティー・アール・イー、瀋陽创迹软件有限公司
烟台創迹軟件有限公司をグループ化
スマートレジカート300台、リテールAIカメラ1500台、サイネージ200台稼働
(トライアル 新宮店)
2019年 9月 アジア太平洋小売業協会連合会 最佳零售创新概念奖 受賞